写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

梅雨の晴れ間?

今日は梅雨の間の晴れ間?少し低い雲がうっすらとあります。
先週ショックを受けた開墾話ですが、まだ工事は入っていません。
8時過ぎに出動して、QuickBlade、Cularisを飛ばしていたらMさん到着。

先週に続き、アグスタのスケールヘリ。カッコイイ!
image1950.jpg


他にブラシプッシャーFOXもフライト。QuickBladeで追い掛けましたが、やはり他の機体を見ながら飛ばすのは難しい!
Mさんも一瞬よそ見してFOXを落としてました。機体は無事でした。

さて、先週末は1300m越えのビデオを撮影し損ねたのもショッキングでした。今日もうっすらと雲があるので、雲上のフライトを狙って飛ばしましょう!

ところが、いつも頭に巻く、汗止めのタオルを忘れてきました。仕方ないので、機体を運搬する時に使う、ゴムバンド付きのベロクロテープで代用。・・・(1)
準備を進めているとどこかから「ピッ、ピッ」って鋭い音が...。最初はアグスタを調整しているMさんのプロポの音だと思っていたら、違いました。EasyGliderの尾翼付近に装着している探索用レーダのタグが鳴っています。試しにレーダで探索を掛けてみたら見つからない...。バッテリ切れのアラームが鳴っていた様です。気付かずに飛ばさなくて良かった!・・・(2)
代わりの予備タグを探しても見つかりません。レーダでも見つからない?自宅に忘れた様です。仕方なく、QuickBladeのを外して装着。・・・(3)
さぁ、カメラを装着!アチッ!日射しを浴びて黒い筐体が過熱してます。見たら、背後のサーボにホットボンドで接着していたケーブルがホットボンドが柔らかくなって外れ掛け。仕方なく、テープで仮留め。・・・(4)
いよいよ秘密兵器地上側を装着し、プロポの電源を入れ、機体の電源を入れます。あれ?電圧表示がゼロ...。でも時々調子悪いから、再度OFF/ON、ゼロのまま...。5回ぐらい繰り返しても駄目。バッテリの充電を忘れた?でもサーボは動くし、アンプの起動音はするから検出のみおかしい?もう一つのバッテリに交換して、数回やってみたら電圧が12.4V表示したので、やっとOK!・・・(5)
さぁ、GPSが衛星を掴まえて初期化...。待てど暮らせど衛星がキャッチできない?アルミテープを巻いたのが失敗?再度、バッテリをOFF/ON。電圧表示OK、でしばらくしたら、やっと衛星を掴まえて初期化完了!・・・(6)
さぁ、各舵の動作を確認し、今日は忘れずに録画を開始して、ゴーグルの映りを確認...

20090627 EasyGlider high climb from Y.Mita on Vimeo.


何と、高度4000mを越えてます!ドンドン上昇して、6000mを越えた!?って、まだ地上に機体が置いてあるのですが...・・・(7)

さすがに7つも変な現象が出たので、飛ばすのは諦めました...。はぁ~、疲れる。
で、EasyGliderを片付け始めたら、チルトサーボがカメラの背面から接着が剥がれて、ぶら下がっているのを発見!飛ばさなくて良かった!!!まともに見えなくなるか、過電流が流れてノーコンになるところでした!

自宅に帰ってから確認しても、何の問題もなく、電圧表示されて衛星を掴まえます。
全ては飛行を諦めさせ、不具合で墜落・ロストを回避するための前触れだった?無理しなくて良かった!!!

その後、Cularisにハイビジョンを積んで2本フライト。
1本目はアグスタフライトを狙ったけど無理。
2本目も無駄にダラダラ長いだけ...。

20090627 Cularis 1 from Y.Mita on Vimeo.


20090627 Cularis 2 from Y.Mita on Vimeo.

  1. 2009/06/28(日) 01:41:04|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<6月28日の空き地飛行場 | ホーム | スケールヘリ & トリプルショック!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/740-372c0189
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。