写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

冬らしい日...

地球温暖化の影響か、年末の数日を除くとやっと冬らしい日でした。

...って、空物ラジコン飛ばすには最悪の日!!!

昨日の雨が上がって凄く綺麗に晴れ。空も澄んで遠くの山々の白い雪が見えます。
朝は3DXとQuickBladeを持って歩いてヘリの空き地へ。
しかし風が強くてヘリが安定しない...。無理矢理バッテリ2本消化。
QuickBladeも風に煽られて凄く操縦しにくい。最後は少し操縦をミスって水たまりに水平にドチャって墜落。幸い下の面(サーボはあるけど)と後尾のモーターが濡れただけで帰宅後ドライヤーで乾燥・復活!

昼前から、もの凄い風!
でも、昨日ニトベンさんからコメントに頂いたカメラの搭載方法も撮影したいし、気持ち風が和らいだ?って14時に再度3機を手で持って出動!(車は年末の事故の修理中。代車ではラジコン禁止令が奥様から発令!)

空き地に着くと...。風が和らいだと思ったのは気の迷い!!!

QuickBladeをまず飛ばしましたが、ほとんど凧揚げ状態。空中で静止してます!少しでも舵を打ち間違うと風下に流されてなかなか帰ってきません。でも、無事帰還。

次に3DX。恐ろしい!!!ほんの少しエレベータを引くだけで急上昇!慌てて押すと急降下!とても8の字の練習なんかできません!イエキャビさんより先に落とせません!!!これも辛うじて無事帰還。

しばらく待っていると風が弱まった?アーバンXCの準備開始!
デジカメでハイビジョンカメラの搭載方法を撮影しながらフライト準備です。
(この写真は真っ正面から撮影。搭載方法の続きはこの記事の最後の『「冬らしい日...」の続きを読む』をクリックしてください。)
image1176.jpg


でも、空が澄んでいるので動画空撮したい!って飛ばしました。
(DivXコーデックのハイビジョン映像。約153MBの長さ4分30秒と少し短め。下の写真を右クリックしてファイルを保存してからご覧ください。)
image1179.jpg

風が弱まったなんて、やはり気の迷いでした!止めとけば良かった...。動画を見て酔ってしまった人、御免なさい。

ニトベンさんご希望のハイビジョンカメラの搭載方法は下の「冬らしい日...」の続きを読む、をクリックしてください。(この先はかなり趣味性の濃い、製作記事に近い、写真べたべたの重たいページです。)

さて、ここからはSANYOのハイビジョンカメラ、HD700(重量約200g)のアーバンXCへの搭載方法です。
ちなみに以前は下の写真の様に機体中央に搭載した事もありました。
image1123.jpg

しかし、レンズの向きと機体の重心調整が難しく、映像の下側を機体が埋めてしまうので、現在はこの方法は使っていません。
現在の搭載方法はこのサイド搭載です。
image1128.jpg


説明の中で出てくる、EPPブロックはR/C HOBBYさんのこちらの45倍発泡のEPPブロックです。QuickBladeの主翼を作るのに購入した余りですが、軽いのに粘りがあって、強く、加工はしやすいので、この様な工作には重宝します。

通常のアーバンXCでは、キャノピーや主翼カバーを付けるとこの状態です。
image1162.jpg

キャノピーと主翼カバーを外すとこんな感じ。写真下からラダーサーボ、エレベータサーボ、主翼の分離止め、スポイラーサーボ、カンザシパイプ(紫色の糸のカメラ命綱付き)、受信機、バッテリ、アンプ、モーター、折ペラです。
image1163.jpg

ここに下を削って胴体にすっぽり入るEPPのブロックを挿入。上部は胴体の幅です。このブロックはバッテリが前後にずれない様に位置も固定(上から押さえている)しています。
image1164.jpg

胴体内にEPPブロックを挿入した状態を横から見た時です。
image1166.jpg

次に主翼カバーを取り付けます。主翼カバーを取り付けられる様に、胴体内のブロックには側面と後ろに溝を切ってあります。主翼カバーも本来より短く切り込んであります。
image1167.jpg

主翼カバーを付けた状態を横から見た時です。残念ながら、主翼カバーもEPPブロックも同じ色なので非常に見にくい!
image1168.jpg

次にカメラをはめ込んだEPPブロックを側面からあてます。このカメラEPPブロックの後端は主翼前端にあてます。忘れずに命綱も接続。
image1170.jpg

カメラEPPブロックを側面から撮影。このブロックはカメラの向きに合わせて彫り込んであります。また、カメラ後部は操作できる様に切り取ってあります。
image1171.jpg

正面から見た時。
image1172.jpg

カメラEPPブロックを胴体内のEPPブロックと合わせてゴムバンド付きのベロクロテープで固定します。
image1173.jpg

ベロクロテープで固定した状態を後ろ側面から見た時。
image1174.jpg

正面から見た時。
image1175.jpg

側面から見た時。カメラの上側と下側をベロクロテープが正しく抑えている事を確認。
image1177.jpg

ちなみに空中でベロクロテープが外れると、命綱でこんな感じにぶら下がるはず(幸い未だ経験無し)
image1178.jpg


いかがでしょう?ご理解いただけました?
  1. 2008/01/13(日) 23:49:08|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<うぉ!いつのまにか6万カウント! いつもありがとうございます! | ホーム | 3DX復活!>>

コメント

参考になりすぎます、有り難うございます。(^o^)/

このような悪天候下での空撮の敢行、申し訳ありませんでした。
あれだけ安定のいいアーバンXCが四苦八苦している様子が手に取るように分かります。
コメントも実況放送のごとく、間髪を入れず書き込みがあり、とても臨場感がありました。
『落としたくない、壊したくない』あのコメント、実感として良く解ります。
カメラを搭載していると想像以上の抵抗になるようで、おとなしい機体が駄々っ子のように暴れますから
操作も大変だった事でしょうね。 ご苦労様でした。

カメラの搭載方法も懇切丁寧な写真と解説で、凄く参考になりました。
私の機体も風の影響を受けてかなり飛ばしづらいので、内装式の方向で改造中です。
どうしても中央に搭載する事になるので、常に機首が写り込む映像になると思いますが、
とりあえず一度試してみようと思います。

今後とも宜しくご指導いただけると助かります。 今回はご無理を申し、また快諾いただき、有り難うございました。(^o^)/
  1. 2008/01/14(月) 02:17:59 |
  2. URL |
  3. ニトベン #-
  4. [ 編集]

ニトベンさん、いつも御訪問、コメントありがとうございます。
ご丁寧なコメント、ありがとうございます。
>このような悪天候下での空撮の敢行、申し訳ありませんでした。
楽しんでいるのでなんにも問題ありません!
>コメントも実況放送のごとく、間髪を入れず書き込みがあり、とても臨場感がありました。
しっかり見ていただいた様で、こちらこそありがとうございます!
>どうしても中央に搭載する事になるので、常に機首が写り込む映像になると思いますが、
>とりあえず一度試してみようと思います。
そうなんですよね!中央に配置するのが一番なんですが、写り込みが気になります。でも、操縦者(実機の)は常に機種を見てると思えば一番実機搭乗に近いかも。
>今後とも宜しくご指導いただけると助かります。 今回はご無理を申し、また快諾いただき、有り難うございました。
私の様な初心者の記事が少しでも読んで頂けるだけでも嬉しいです!
今後も何かありましたら遠慮無くいつでも書き込んでください!(「ご無理を申し」→無理はしてませんよ!)
  1. 2008/01/14(月) 08:40:23 |
  2. URL |
  3. Y.Mita #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/454-42e43191
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。