写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

グライダー再製作3

昨夜、製作完了したアーバンXC2号機ですが、頑張りすぎて今朝は寝坊して朝練できませんでした!っと言うことでフライトインプレッションは今週末(天気悪そう)か再来週末になりそうです。
そこで、前回のバンザイ墜落の反省を込めて、今回製作の強化点や変更点を数回報告。
まずは、前回の主翼根本強化の続きです。
アーバンXCの主翼根本はリブ2枚重ねになっていて、胴体側がバルサ、翼側がベニヤです。カンザシが刺さる穴の上側がいかにも弱そうなので、ここはキット付属のカーボン板の余りで補強しました。たぶん、ベニヤ、カーボン、バルサの三層構造で強くなるでしょう。



前回の墜落では胴体に残ったリブが強烈に印象に残っています。
ここで気が付きました!主翼のリブとプランク材の間の補強がしてありません。リブと下側のプランク材は上側のプランク材を貼る前に、接続面をエポキシ接着剤で補強しました。上側はプランク材を貼った後は届かないので補強できません!
グラステープを巻くことも考えましたが、あまりにもみっともないので中止。
代わりに30分硬化のエポキシ接着剤が混ぜた直後は異様に粘度が低いのを利用してスポイラーホーンの穴(カーボン補強した横の穴)から流し込む事にしました。
但し穴がそれ程大きくないので、ビニール袋(百均のチャック付き袋)で混ぜてから端を切断して、流し込みます。
まずはエポキシ接着剤を袋に入れて、
image0781.jpg

これを袋の外から手で揉んで混ぜます(結構温度が上がります。火傷する程ではありませんが)。混ざったら、袋の角を切って、穴をあけ、絞り出して使います。
主翼の中に接着剤を入れたら、傾けて流して接着補強します。
忘れてました!アライメントピンは先に接着しておいた方が楽です。エポキシ接着剤で穴が塞がると面倒です。
この方法であれば、完成後でもリブと上下面プランク材接合面を補強できます。
image0782.jpg

  1. 2007/07/09(月) 23:19:39|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<グライダー再製作4 | ホーム | グライダー再製作2>>

コメント

こんばんわ!
かなりの細かい作業のようですね。。。
でも、この過程が楽しいのではないでしょうか^^

完成した機体拝見するのを楽しみにしています!!
  1. 2007/07/10(火) 19:56:18 |
  2. URL |
  3. かずろう #-
  4. [ 編集]

かずろう殿、御訪問ありがとうございます。
>この過程が楽しいのではないでしょうか^^
はい!その通りです。でも、この記事を書いている時は既に組み立て終わって、初フライトを待っている状態...。早く雨が止むといいのですが!
>完成した機体・・・
ありがとうございます!今週末には披露できるかと思います。でかすぎて室内で撮影すると周りの汚い状態がばれるので、庭(手入れして無くてこちらも汚いですが...)でないと恥ずかしい!困ったものです。
  1. 2007/07/10(火) 21:54:34 |
  2. URL |
  3. Y.Mita #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/351-5f4c9d7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。