写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

グライダー再製作1

先々週末の6月23日(土)にバンザイ、墜落して再起不能となったグライダー、アーバンXCの2号機製作をしています。
って、墜落の翌日、日曜日には新規機体購入、製作開始していました。
1週間で胴体、右主翼、左主翼の根本まで組み立てが完了。残りは左主翼の中間、先端と尾翼周りの組み立て、全体のサンディング、フィルム貼り、メカ積み。今週末に何とか完成できないかな?
さすがに2回目の製作ではかなりのハイペース。しかし、前回の墜落原因部分は念入りに補強中。
以下は今回新たに購入した部品達。
まずはワイヤーリンケージセット。釣り糸でもできそうだったが、最初はセットを使用してみたくて購入。
image0773.jpg


(ちなみに初心者の書いている記事なので、眉唾でお読み下さい!)
これは樹脂や接着剤に混ぜて使用するマイクロバルーン。胴体尾部など、重くせずに接着剤を盛りたい時に使用予定。あまり混ぜると強度低下。
image0776.jpg

瞬間接着剤のターボ。接着促進し、強度も増すらしい。
image0774.jpg

今回の補強材1。ガラスクロステープ。これで部材が裂けるのを防ぐ予定。
image0775.jpg

ちなみに補強1。胴体側のカンザシ受け部の補強。前回製作の余りカーボンを貼って穴をあけて補強する。前回、この部分問題なかったが念のためにベニヤ・バルサ・カーボンの三層構造の複合材にする。
image0772.jpg

続いて問題の主翼カンザシ挿入部。挿入部のアルミパイプの周りは隙間無く、エポキシ樹脂を注入。それでも裂けるのが怖いので、グラステープを瞬間接着剤で貼る。まずは端面を貼り付け。
image0778.jpg

ぐるっと回して引っ張りながらこちら側も瞬間接着剤で貼る。貼る時はビニール手袋(プリンターの詰め替えインクセットに入っていた余り)を装着して指で押さえる。この後、アルミパイプの入っている範囲を続けて同様に補強する。
image0779.jpg

本当は上下のヒノキスパーを巻く様に補強したかったが組み立て手順上無理。まぁ、ここまですれば前回の様なバンザイはないだろう!
しかし、次はカンザシが折れるかも...。
  1. 2007/07/02(月) 01:33:32|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<グライダー再製作2 | ホーム | バンザイ、墜落...>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/349-e079b61b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。