写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

グライダー製作13

フィルム貼りの次はリンケージ。
まずはスポイラーをヒンジテープで接続。閉じた状態で左右の隙間を調整し、仮止めテープで留める。次に舵面を開いてひっくり返し、エッジを3本のテープで留める。



再度舵面を閉じて、仮留めテープを外し、隙間を0.5mm程度になる様にして1本のテープで舵面を留める。
初飛行後に判ったのだが、スポイラーは少し成形して後端を心持ち薄くし、前縁も斜めにした方が収まりがよさそう。写真では既に後端が浮いているのが判る。そのうち改造するかも。
image0726.jpg

リンケージパイプに通したφ0.6mmのピアノ線の端を曲げ、ホーンを通す。
概略動作確認したら、主翼付け根側でサーボホーンの中心位置で舵面を閉じた状態と開いた状態それぞれにピアノ線にマジックでマークする。
次にマークの中心からロッドエンドとクレビスを組み合わせた時の長さ分減算、ロッドエンドの穴深さ分加算したところでピアノ線を切断。
スポイラー側ホーンからピアノ線を一回抜いて、主翼付け根側にできるだけピアノ線を引っ張り抜いてロッドエンドを半田付けする(なるべくリンケージパイプ端から半田付けポイントを遠ざけて熱で溶けるのを防ぐ)。
ここで製作ミスに気が付いた!リンケージパイプを主翼根本ぎりぎりまで出していたらロッドエンドが干渉する!図面を見直したら1つ奥のリブまででパイプが切ってある...。仕方ないのでハサミを挿入して無理矢理切断。切断面が斜めだがまぁ大丈夫でしょう!
image0729.jpg

  1. 2007/06/10(日) 22:18:19|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<グライダー製作14 | ホーム | グライダー製作12>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/332-71a884b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。