写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

グライダー製作2

さて、その後のグライダー製作ですが、ブログに書き遅れているだけで着々と進んでいます。
胴体側板の貼り付け、内張を貼ったら次はコーナー材を重ねて貼っていきます。基本的に所定の位置に部材を置いて、動かない様に指で押さえ、接合面の角に瞬間接着剤を流します。そうすると接着剤が面と面の間に染み込んでいって接着されます。


注意点!
当たり前の事ですが同じ側を2つ作らない事!!!(例えば右側を2つとか...)
こんな感じにコーナー材が重なって、角ができてきます。
ちなみに各木材の端面が黒いのはレーザーカットで焦げた跡です(ほんの薄皮一枚ですが)。
image0649.jpg

次に胴体後部を後端で2mm、後端から245.5mmの位置まで斜めにヤスリでまっすぐに削ります。
この写真では既に片側を削っています。
image0650.jpg

削った面から見ると、こんな感じ。後端から245.5mmの位置にはレーザーによるけがき線も入っています。
image0651.jpg

ヤスリはまともな棒ヤスリを購入しても良いですが、百円ショップの紙ヤスリとこの写真の様な木材の端切れで自作しても使い捨てで良いかも。
木材の端切れに両面テープを貼り、青い紙ヤスリを貼り付けて自作。両面で荒さを変えれば使いやすいし、広い面積も平らに削れます。
image0652.jpg

  1. 2007/05/17(木) 01:20:40|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<出張中 | ホーム | 休日練習、墜落(バッテリ487回目、約64.8時間フライト中)>>

コメント

アーバンの補強

製作が進んでますね。
一番前側の胴枠F11の取付け部周辺をカーボンロービングなどで補強した方が良いです。仲間の持っているアーバン2機のいずれもが少しラフな着陸をしたときに外れました。モータをフロントマウント式で取り付けるとF11にかなりの荷重がかかるからでしょう。私のは補強してあり今のところ問題無しです。
ご参考までに。
  1. 2007/05/17(木) 22:41:19 |
  2. URL |
  3. 室見川飛行倶楽部 #-
  4. [ 編集]

室見川飛行倶楽部殿、ご訪問有難うございます。
>胴枠F11の取付け部周辺・・・
やはり、そうですか!実は製作中に軽くぶつけたら割れたので、エポキシで根本は少し補強しました。その後、モータカウリングをネジ締めしたら、C1~C3の間も割れたので瞬間接着剤でギトギトにしましたが、もっと補強が必要そうですね!カーボンでの補強、やってみます。ありがとうございました!
  1. 2007/05/19(土) 00:03:41 |
  2. URL |
  3. Y.Mita #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/318-3fdf49af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。