写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3DX450SE組み立て7

ヘッドにフライバーを取り付けるために、分解防止に付いているねじを外す。
フライバーコントロールのイモねじをゆるめると、フライバーコントロールに挿入してあるねじが外れる。
写真はまだねじを抜く前。写真の上から2/5程度(ほとんど真ん中)の位置にあるのが抜けるねじ。
image0456.jpg


フライバーロッド。何の変哲もない、両端にねじが切ってある金属棒。しかし、両端のねじはあまり意味が無い。
image0457.jpg

パドルとフライバーウェイト。
イモねじが少し短い気がするが、まずはこのまま使用する。
image0458.jpg

まずはフライバーロッドをフライバーコントロールに挿入し、左右の出ている長さが同じになる位置でフライバーコントロールのイモねじを締める。
次にフライバーウェイトのイモねじをゆるめ、左右のウェイト位置が同じ距離になる様にノギスで測りながらイモねじを締める。
この2つのイモねじはゆるみやすく、ゆるむと重大な事故につながるのでロック剤は忘れずに!!!
image0459.jpg

ここまで組み立てたら、受信機やアンプ、モータ、サーボを接続し、ゆっくりモータを回してメインシャフトのブレやフロントシャフトの動作を見る。
但し、当然ボールリンクの外れやギヤへの挟み込み、モータやギヤに触れているものがないか、確認してから。
モータはアウターロータなので、磁力でねじがくっついていたりすると、遠心力で飛んでいくので注意!
また、取り付けたばかりのパドルが飛ぶと危険なので、真横から眺めたりしない事!
  1. 2006/09/30(土) 08:50:00|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<3DX450SE組み立て8 | ホーム | 3DX450SE組み立て6>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/162-6743c3fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。