写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3DX450SE組み立て6

ホームセンターとカーショップを回って、電流が多く流せ、軽いスイッチを物色。
写真のスイッチが電流が一番多かったので購入。
Tコネクタは挿抜があまりにも堅く、スイッチの代わりには使いにくい。
購入したスイッチをアンプのプラス線に配線する。また、スイッチからTコネクタも別の電線を接続する。
半田付け前にスイッチの取り付け位置を検討し、取り付け板に配線を通してから半田付けする。
今回はポリプロピレン薄板に穴を開け、フレームの下に付ける事にした。
image0450.jpg


サーボホーンを準備。片側アームの物を使う。
image0451.jpg

サーボホーンにボールリンクをねじで止める。ホーンの穴はあらかじめ、φ2mmのドリルで穴を広げておく。
image0454.jpg

この機体ではボールがサーボ本体側になる様にねじを通し、ナットで止める。ねじロック剤を忘れずに!
image0455.jpg

モータの後ろのエレベータサーボのホーンはモータとの干渉を避けるため、短く切る必要がある。
必然的にエルロン・ピッチのサーボも同じホーン・同じ穴を使う事になる。
サーボ本体は3mm長さのねじで上下各2本計4本のねじで止める。
エルロン・ピッチの各サーボも同様に固定し、ボールリンクをはめる。
写真では既に固定してあるが、スワッシュプレートガイドもねじ止めする。これがないと、スワッシュプレートが回ってしまう。
image0452.jpg

  1. 2006/09/30(土) 08:40:00|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<3DX450SE組み立て7 | ホーム | 3DX450SE組み立て5>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/161-9a0832c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。