FC2ブログ

写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

フルカラーLEDのクリスマスツリー2017

2013年年末に作った、クリスマスツリーを最新CPU使って再設計。
今回はOTAにより、Wifi経由でプログラム書き換え可能。
窓辺に外へ向けて設置した本体まで、USBケーブルを接続する必要なし。書き込み時間も早い!
32ステップ、28パターンの表示があり、一巡までかなり時間が掛かります。

回路図やプログラムはこちらのGithubです。

CPUにはESP32搭載のBanggood製WeMos LILON32 OLEDディスプレイ付きを使用。3本の線でLEDに接続するだけ。
参考までに回路図はすごく単純。
ChristmasTree2017withLOLIN32.png


でも、OLEDディスプレイが不良品の様で、交換交渉中。
間の行が点灯しない。
OLEDproblem.jpg


今回のツリーは2013年の物をそのまま使用したけど、LEDテープの値下がりに釣られて、5m物を発注して、到着待ち。送料込みで2,588円。国内だと3,300円ぐらい。2013年頃は送料込みで5,000円以上していたから安い。
でも、WS2812Bって新型チップやその他のチップも出ているので、当然?
2013年ツリーは126個のLEDを使用しているけど、5mで300個のLEDで、作り直すべきか?
他にも、ネットワークで時計合わせと、スリープモードで自動運転とか、BluetoothとAndroidスマホで表示順序や時間等パラメータ変更とか、やりたい事は色々!
  1. 2017/11/27(月) 00:19:09|
  2. 電子工作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ESP32(Arduino)でBLE(BluetoothLowEnergy)して、Androidスマホで見る | ホーム | 更新:Yahooニュース5本+時計+天気予報>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/1472-2b64b492