写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

経験値少しアップ?

現在の3Dプリンターは残念ながら、まだまだ経験による多くの微調整が必要です。

最近の失敗経験から学んだ事。

これは我が家の3Dプリンター。回りが汚いのは見ないでね!
現在はキノコ型ランプシェイドの足部分を出力中。完成形は写真の右端。
4つの部品からできていて、赤い部分の網網はPLA使って出力。上下に2つの網網。網の中の白い部分と足はABSで出力。
網網は頭の部分に接着。足と頭はねじ込み式。
image4345.jpg


で、学んだのはヒートベッドのカプトンテープの貼り方。
image4343.jpg


カプトンテープはヒートベッドへ貼り付けたときに、少し長めに切って、端をヒートベッドの下に巻き込む。
そうすると、ノーブランドの安物カプトンテープ(20cmx30mで¥2,500ぐらい)でも、剥がれない。
たったこれだけの事で全然違う。こんな事はどこにも書いていない!
image4344.jpg


実は今まで、ヒートベッドの端ギリギリでカプトンテープを切って、ヘアスプレーでABSの喰い付きを良くしていました。
ヘアスプレーも「ケープ3Dエクストラキープ」って、名前に「3D」が入って、更に「エクストラキープ」って、いかにもしっかり保持してくれそうな名前のヘアスプレー!
でも、こんな底面積が大きくて、背の高い造形物、出力時間が50時間を超えていると、剥がれ易い。
途中で剥がれ始めると、ヘッドが造形物にぶつかって、オープンループ制御のステッピングモーターの悲しさ、ずれたまま出力を続けて、ゴミの生産...。
image4346.jpg


最初の写真の右端に写っている造形物は、剥がれてもかろうじて出力できた時の物だけど、その後に3回失敗...。他にも頭の出力2回失敗、網網も4回失敗...これらは剥がれ以外の原因...。
今回はカプトンテープの巻き付けと、ブリムの拡大、レイヤー変更時Z軸1mmリトラクトで未だに剥がれずに出力中。

他にも、このメーカー固有の問題だと思うが、モーターの配線コネクタが弱すぎて、接触不良の嵐。コネクタから線を1本ずつ抜いては少しラジオペンチでピンを締めて差し込み直してやっと少し安定。本当は配線側コネクタを丸ごと変更したい...

後10時間、無事に出力できるか?
  1. 2015/11/06(金) 01:21:33|
  2. 3Dプリンター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ホビキン レースゲート | ホーム | 10/24,25 2015年秋のオフミ!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/1461-4a24e1bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。