写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Open Flight Stabilizerの小改造結果と背負子モーターパイロン壊れた!

朝から雨が降りそうな天気でしたが、かろうじて降っていないので、出動。

空き地で機体組んで、各舵動作の最終チェック。
しかし、フルフラップダウンでエルロンを右に切ると途中からフラップや左エルロンがあらぬ方向を向く?
エルロンを中立に戻したり、フラップダウンを減らしてエルロンを切ると問題ない...。
1chに接続した右エルロンのエンドポイントを減らしていったら、途中から変な動作は無くなった。

どうやら、信号範囲を超える入力でシリアル信号の認識が1chずつずれてしまう様子。

まぁ、フルフラップにしなければ問題なかろう、とテストフライト続行。

しかし...

離陸でモーター回転開始!凄い音と共に振動して、パイロン破壊!
image3417.jpg


モーター固定のネジの根本からアルミが切れ、モーターが完全にフリーになっています。
どうやら、写真の様に折りペラが反対側に曲がった状態で回転開始したため、アンバランスで強力に振動し、アルミを引きちぎった様です。

はぁ、雨が降りそうなので、製作時間はありますが、モーター固定は再度作り直しです。
パイロンを正面から見て四角形にすると菱形に曲がるし、次はモーター固定をグルッと1周にして、パイロンの立ち上がりも三角形にして構造強化します...。
スタビも原因調査・修正しなきゃ...。
  1. 2013/09/07(土) 12:50:54|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<背負子式モーターパイロン改造 | ホーム | Open Flight Stabilizerの小改造と搭載>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/1272-175a1208
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。