写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Cyclone-E(Typhoon-E)組み立て その3

ホビキンからサーボ、スタビ等メカが届いた。

エルロン・フラップサーボはTurnigyのTGY-S712G Alloy Case Digital Slim Wing Servo (Metal Gear) 7kg/0.12sec/28gを4つ。ついでに専用サーボマウントも購入したけど、キット付属のマウントでも問題なかった...サーボのスペックには1mmずつぐらい大きく書いてあったのに...。
ギヤの遊びは1°あるかないか。CoronaのWingServoとは雲泥の差。でも、日本製には負けるかも。
でも、付属のメタルホーンの出来が悪い?ホーンの部分で少し遊びが発生している様な?
メタルよりも樹脂ホーンの方がいいのかなぁ?(誰か意見下さい!)

ラダー・エレベータサーボはTurnigyのTGY-375DMG Metal gear Digital Servo with Heat Sink 2.3kg/0.11sec/11.5gを2つ。(ヒートシンク?付いていないみたいだけど...)
こちらはギヤの遊びは感じられない。
image3361.jpg


受信機はFrSKYの2.4GHzのフタバFASST互換TFR8SB。でも、これはあさひな模型から購入した物。
スタビはいつものOrangeRX RX3S 3-Axis Flight Stabilizer V2。でも、すぐ書き換え改造して使います。
image3362.jpg


でも、今日は機首の強化。
(本当は写真を撮りながら進めたのに、ニコンD70のバグでCFカードのデータ読めず...文章で書きます。)
1.カーボンクロスを機首に差し込みながら、必要なサイズにカット。
2.hideさんにもらった、シリコンオフで油脂を除去。
3.機首の周りをテープで養生。特に作業上手で持つ部分も含めて大きめに養生する。
4.サランラップを大きめに広げてその上にカーボンクロスを置き、カーボンクロスのサイズに近い小さめのサランラップを準備。
5.5052を混ぜて、カーボンクロスに垂らし、小さめのサランラップを乗せて上から5052を広げる。
6.百均のポリエチレン手袋(100枚入り)を装着。何枚か、途中で交換できる様に引き出して準備しておく。
7.小さめのサランラップごと、カーボンクロスを大きめのサランラップから剥がして、機首の中に貼り込み、ほぼ位置が決まったら小さいサランラップを剥がす。
8.ドライヤーで少し炙って5052を馴染ませて、手袋した指で機首内に押しつける。
9.風船を差し込んでから膨らませて、口を縛る。
10.百均のラップテープ(粘着材無し)でグルグル巻いて、風船を押し込む。無理に長い距離を被せずに、何個か風船を膨らませてはラップテープ巻きを繰り返す。(長い風船があればより良い。海外のサイトでは、コン○ームで代用している人も居た...確かに夜でもコンビニで買えるから入手性は良いかも?)
image3359.jpg




image3360.jpg


さて、明日はカーボンシートからモーターマウントを切り出して固定と、一部のリンケージかな?
  1. 2013/07/03(水) 23:54:33|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<プレゼントもらった! | ホーム | Cyclone-E(Typhoon-E)組み立て その2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/1248-bf1b32b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。