写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Reverb修理 その3

昨夜、更に補強するためにシリコンオフで拭いてからカーボンマシマシ。
らいだーさんのアドバイスに従い、胴体内のキャノピー後ろから機首に向けてカーボンクロスで更に補強。特に機首の下側に空いていたカーボンクロスの隙間も塞ぎました。(写真には下側が写っていないけど)
image3261.jpg


モーターマウントはt=2.0のカーボン。硬すぎて加工が大変でした。
ぴったりはまるサイズに削って、少し叩き込む程度にし、周囲はhideさんに教えていただいた、カーボンロービングでぐるりと補強。ここは5052にロービングを浸してから巻きつけ、少々余分に加えてからヘアドライヤーで加熱して5052を浸透させました。
image3262.jpg


マウントの裏側、モーター取り付け側も機首側と同様にカーボンロービングをぐるりと巻いて補強。こちらもドライヤーで加熱浸透。
image3263.jpg


で、モーターです。
左はhideさんにいただいたHyperion ZS3020-10 922kv、右はホビキン購入のTurnigy 540S V-Spec Inrunner 1350kv。幸いどちらも同じ取り付けねじピッチなので、簡単に交換できます。
image3264.jpg


さぁ、どっちがいいかなぁ?迷うので週末に両方試してみよう!(Ka-8にHyperionを使ってみたいって気持ちもあるんです。)
上手く飛んだらカーボンむき出しの機首の化粧直しとキャノピー作りをします。
でも、今度はペラを飛ばさないように注意しないと!
  1. 2013/02/22(金) 00:37:22|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Reverb修理 その4 | ホーム | Reverb修理 その2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/1206-ba8edbf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。