写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Reverb修理 その1

今日は天気が良いのに朝から暴風!
フライトはあきらめて家で工作。

hideさんからの救援物資で、Reverb修理!

まずは譲ってもらったハイペリモーター、ZS3020-16。
image3246.jpg


デ・・・デカイ!
元が同じシリーズでも、グライダー用のGS3020を使っていて、先端が細くなっていたので、ZSだと窮屈。
まぁ、機首が既に割れているので、補強する時に広げましょう!
image3247.jpg


で、残っているモーターマウントの残滓をグラインダーで削り取って...
image3248.jpg


カーボンクロスを貼った後は密着させるのに風船を使ってみる?
image3249.jpg


まずは余分な所にエポキシ樹脂が付かない様に両面テープを貼って上からポリエチレン袋やサランラップで養生。カーボンクロスもサランラップの間に入れて脱脂の準備。
image3250.jpg


で、hideさんから送ってもらった、人をも溶かす?シリコンオフを使って補強面とカーボンクロスをお外で拭き拭き。
当然、手袋を付けて作業。手に付くと脂分が抜けて白くなるとか?お腹の脂肪も取れないかな?

そして、いつもの5052エポキシ樹脂を配分に気をつけて、しっかり混ぜ混ぜ!
image3251.jpg


カーボンクロスにはサランラップの間で塗りつけて、挟み込んでしっかり馴染ませてから、胴体内へ貼り付け。
胴体外側には広げたい幅で塩ビ板で隙間を固定。
内側にはポリ袋を入れてから風船を膨らませてテンションを掛けて貼り付け。
image3252.jpg


そのままだと、風船の広がりで先端側が広がりすぎて後の工作が大変そう。
なので、6時間程度でエポキシ樹脂が少し固まったら風船を外して、代わりに0.5mm厚のアルミ板と特に形を整えたい胴体上側は1mm厚のアルミ板でカーブを作って固定。
先端側はアルミ板に向けてグラステープで締め付けて形を整えました。
image3253.jpg


さぁ、明日の朝には良い形に固まっているかな?
  1. 2013/02/17(日) 00:13:38|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<QueenBee、2回目の初飛行! | ホーム | 最近の着弾!>>

コメント

凄い手をかけましたねー!
ここまでやればキッチリ仕上がりますね!(^_^)b
  1. 2013/02/18(月) 17:40:09 |
  2. URL |
  3. ブリちゃん #LkZag.iM
  4. [ 編集]

ブリちゃんさん、いつもご訪問、コメントありがとうございます!
>凄い手をかけましたねー!
>ここまでやればキッチリ仕上がりますね!(^_^)b
ところが...少し失敗したみたいで、隙間があるんです...涙
どうやってリカバリしようか思案中...もう1皮巻こうかな?
  1. 2013/02/19(火) 06:54:31 |
  2. URL |
  3. Y.Mita #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/1203-68908713
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。