写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ESC書き換え その2

さて、昨日の続きです。

Arduinoを書き込みツールにする事ができたので、ターゲットのESCの接続ですが、解説HPに従って、ESC側のシュリンクを剥いて、3本の線をArduinoと接続。ESCの電源も接続。モーターと受信機はあってもなくても可。でも、モーターへの電線はショートしない様に!
image3217.jpg


そして、ツールの書き込み設定。
image3220.jpg


特にHex File Directionは正しく見えるのに、一回...をクリックして正しく設定しないと駄目でした。
image3207.jpg


この画像で選択されている2つ下の、BLHeliHexFilesを選択しないと駄目。

他はBESCはターゲットのESC、Revisionは最新、ModeはMAINとTAILとMULTIがあるけど、MAINはEPヘリのメインロータ、TAILはテールロータ、MULTIが今回のマルチコプター用。

で、Flashボタンをクリック!

結果は...。
image3206.jpg


あれ?ターゲットとの接続失敗?FAILED?!

何回やっても駄目。接続順序や電源の入れ方を変えても駄目。
試しにもう1個ESCを剥いて接続してやってみたけど駄目...。

ここで半日潰れました。

最終的に判った事は、配線ミス。参考にしていた解説HPが間違い!っていうか、古い!

実はArduinoに書き込みしたファイル名owsilprog_v008_m328p_16mhz_pb3pb4.hにヒントがあったのです。

参考にしていた解説HP他の解説では、ESCへの接続はD2とD3、あるいはDIGITAL2とDIGITAL3。接続の絵まで載っていたので、それを真似していました。
ところが、現在のソフトウェアではPB3とPB4になっていました!
本家のHPが、ドイツ語だったため、ついつい英語の情報を求めて参考にしたのが古かった!よく見たら、本家のHPにも右上にEnglishのリンクがあって、英語のページがあった!
更にご丁寧に、ツールのチュートリアルページにはWarning(警告)まで!「古いファームウェアではD2とD3だったので、未だに古いマニュアルやチュートリアルでは間違っているよ!ファイル名にも書いたからね!」って...

間違いに気が付いて、直したのがこの接続。
image3218.jpg


本当はISP接続コネクタから取り出すのが正しいのかも?

で、以降は簡単でした。
正常な書き込み完了。
(あれ?キャプチャ忘れた!気が向いたら入れます。)
念のため、Verifyも実施。成功。
image3208.jpg


で、タブをSetup Mainに切り替えてから、Readボタンをクリックして設定値読み出し。
image3210.jpg


タブをSetup Advancedに切り替えて(既に値は読み込まれている)、Beep Strengthを40から255に変更(紫色のところ)。これをしないと起動音が小さすぎて判らない。
ついでにPrograming by Txをoffにして、Throttle Maxを1196に変更してWriteで書き込み。これはスロットルスティックでも最大・最小値を教えられるけど、スロットルスティックでの変更を止めて、固定値に設定してみた。
image3219.jpg



で、ツールを切り離して、受信機を接続し、プロポの電源を入れてスロットルスティックを動かして、動作確認。違いは判らん!!!
まぁ、フライトコントローラが指令を出す速度で違いが出る物がスティックの動きで判るはずも無い!
実際の動作確認はマルチコプターに搭載して初めて判るかな?

他にもモーター回転方向変更(標準のPlushではできない)やゲイン変更等々、使えそうな機能が色々あるし、当分遊べそう。

でも、TriHexの6個のESCに配線を接続して、書き換えるのは面倒だなぁ。接続治具を作るべきか、諦めて1個1個書き換えるべきか?
  1. 2012/12/17(月) 23:51:07|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ESC書き換え その3 | ホーム | ESC書き換え その1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymita.blog9.fc2.com/tb.php/1182-5f63d687
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。