写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Blaster-3 水平尾翼固定ネジの自作

本記事はかなりムチャクチャな自作です。
真似してBlaster-3の水平尾翼が外れて墜落しても、ブログ作者は責任持てません!
真似するときは自己責任でお願いします!

さて、今日のフライトでポロッと落として草むらに消えたBlaster-3の水平尾翼固定ネジ。これが無いとBlaster-3は飛ばせません。なかなか代用品が無くて困ります。

スターフライトジャパンに問い合わせしたけど、欠品状態。凄く親切に納入先のショップへも問い合わせしていただき、結果をメールいただきましたが、リンケージパーツセットという形で、水平尾翼を乗せるカーボンVマウント、ペグ、ホーン等が入って消費税込みの3千円。

他のパーツは壊れていないので、ネジで3千円は苦しい!

他で購入できないかとネット上の専門店を色々探したけど、一番近い形がUFOナット。しかし、最小M6だし、購入個数が100個単位で1万円以上!買えん!



と、言うことで自己責任の下、自作開始。

どうやらVマウントから出ているのはM2?試しにM2の金属クレビスを入れてみたらぴったりでした。
で、M2の金属クレビスを利用して試行。
image3385.jpg


まずはホーンが入る挟み込み部分を開いて使えないか試したけど、片側は曲げた瞬間に折れた。
反対側のピンが付いている方は上手く曲がったし、ピンを指で持って回せばねじ回し不要!って喜んでいたけど、ナット部分を短くするのにペンチで持ってリューターを当てている最中にこちらも折れた!
image3386.jpg


曲げて使うのはあきらめ。

しかし、ストレートでは水平尾翼を抑えられない。で、M3用のワッシャを半田付け。穴は通るけど、挟み込み部分は通らず、ここで抑える。
半田付けは通常の電気工作用でOK。但し金属は熱が逃げるのでコテは60Wを使用。
image3387.jpg


ナット部分が長いので、必要な長さまでリューターで切った後、今度は挟み込み部分を根本を残して切断。
根本の部分はマイナスドライバーの受けの溝になるので、切りすぎない。
image3388.jpg


image3389.jpg


太さが足りないので熱収縮チューブで太らせる。2回被せたらちょうど良かった。
image3391.jpg


完成!
image3390.jpg


さぁ、スターフライトジャパンさんに、ゆっくり取り寄せをお願いしよう!
スポンサーサイト
  1. 2013/07/23(火) 23:11:10|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏休み前半4日目!今日もフライト、しかし不調!

今日も朝から出動!
しかし、ピーカン照り、少し風強し。

絶不調!
何故かは判らないけど、ボロボロ。
Mustangは投げるたびに頭上の枝に引っ掛かって墜落。飛んでも南側パイロンで3回も墜落。風のせいもあるが、自分の操縦がダメダメ状態。

そして、Blaster-3を投げようと準備していたら、水平尾翼のネジをポロッと落として、草の間に消えて見つからず...最後の予備品だったのに、Blaster-3は当分飛ばせない!涙!

Reverbはかろうじて無事。でも、大きなループを描いている途中で見失ってかなりドキドキ!

仕方なく、2時間ほど草刈りして引き上げました。
  1. 2013/07/23(火) 22:45:04|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏休み前半3日目!

実は土曜日から今週の水曜日まで、会社の夏休み前半!
で、初日と2日目はお山で非行会でした。

3日目はいつもと変わらず、空き地へ出動。
曇っているけど、暑い!避暑地からフライト。

非行会へ持って行ったけど、飛ばさなかった機体と少しだけ飛ばした機体、当分使わないだろうバッテリの放電。

まずは、Evolutioin。実はらいだーさんの車に積み込むときに、胴体後部を持って持ち上げたら、「バキッ!」ってイヤな音が...。お山でちらっと見たけど、胴体が折れた様子は無し?
怖いのでそのまま持ち帰って、じっくり見たら、胴体後方下部のエポキシ樹脂で接着されていたところが左右で外れただけでした。
でも、そのまま飛ばしていたら、たぶんT字型水平尾翼が捻れて墜ちたかも?
グラステープで仮補修して飛ばしました。特に問題なし。

JAZZはお山で最後に飛ばしたけど、Evolutionと共通使用している3セル4500mAhのバッテリ放電に使用。
やはり飛びがマッタリと感じます。どうやら身体が早い機体に馴れてしまって、JAZZでは遅く、ゆったり、でも浮きが良く感じる?

CycloneとBlaster-3は特に問題なく、普通に飛びました。

で、いつものMustangも特に変化なく、少し地面が近づいた程度。


少し非行会の疲れが出てるかな?
  1. 2013/07/23(火) 22:39:27|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2013年夏!山の非行会!

20日21日の2日間、恒例の山の非行会へ行ってきました!

これまでも何回か参加しているのですが、毎回自分の都合が付かず、日帰りしてました。
今回、初のお泊まりです!

今回は行き帰りも自分の車ではなく、らいだーさんの車に同乗。

で、初日の三峰。晴天、暑い、風が弱い...。
初っぱなはスロープには似合わない機体が映っています!
他に「彩雲」も!

夕方、18時の夕食直前に宿の裏でマルチ三昧!(夕食後の間違いだった!19時前後)
機体、持ってくれば良かった...。

夕食も風呂も良かった!でも、私は日中の疲れで早々に寝てしまった!

翌日朝はスキー場の駐車場でSAL。途中、霧が降りてきて終了。

2日目も晴天、暑い、風弱い...。
でも、三峰へ。
私は最初に頂上まで登りました。
カメラは持って行かなかったので、携帯電話で。
image3383.jpg


image3384.jpg


image3382.jpg


image3381.jpg


後から同行の仲間二人も到着。
お二人に見守られながら、頂上からCyclone-E投げました!
360°の大パノラマでの飛行!爽快!でも、怖い!!!
かなり離してやっと上昇ポイントがありましたが、長続きせず。10分程度で着陸へ。
着陸ポイント狭くて、足がガクガク!
かろうじて、道から2m脇の笹原(下の写真の道の右)に無事着陸、良かった!
image3380.jpg



三人でかなり下のフライトポイントに戻って皆と合流。
やはり風が弱い...。

最後にJAZZもフライト。久しぶりに飛ばしたら、何故か凄くマッタリした感じ。EvolutionやReverbで早いのに馴れてしまった?その頃にやっと風が吹き始めましたが、既に撤収予定のお昼。

帰り道は何回か、パーキングエリアを出入りしましたけど、特に渋滞も無く、順調に帰りました。らいだーさん、ありがとうございました!

ご一緒していただいた、皆さんもありがとうございました!次回もよろしくお願いします!
  1. 2013/07/23(火) 14:00:12|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Cyclone、墜落!

今日は朝から晴天!暑い!暑い!
避暑地に避難して、そこからMustang飛ばします。
今日は北側パイロンの侵入に失敗して、引っかけて墜落。木々の間をすり抜けて地面に落ちたので、回収は楽でした。それにしても下手だ!


Blaster-3はお山で投げた時の風対策でwatさんに教えてもらった、重りを追加。
たかだか20gですが、劇的に代わります!
明らかにランチ高度は上がり、飛行速度も上がりました。
今日はあまり風はありませんでしたが、こちらの方が楽かも?

で、Cyclone。
フラップの効果で降ろすのが楽です。
でも、バッテリ2本目で調子に乗って、頭上6mぐらいで失速速度を見ていたら、急に姿勢が崩れてそのまま頭から垂直落下!
リカバリする暇もなく、3m先にズドッ、って!!!
何か飛び散りました...。週末のお山で飛ばす機体が無くなった!!!滝汗!!!
飛んだのはキャノピー、他は地面の泥だった様です。

奇跡的に軽傷。前日夜の雨でぬかるんでいたのが幸いした様です。これがコンクリや石の上だったら...汗!

被害は機首に破断2カ所
image3374.jpg


image3375.jpg


裏打ちのカーボンが一部折れて、剥がれています。
image3376.jpg


他には水平尾翼のΦ5mmのカーボンカンザシが折れていました。
image3377.jpg


スピナーが少しめり込んだだけで、貴重なモーターは無事でした!
どうやら、モーターマウントが押し込まれて接着が外れたので、助かった様です。
image3378.jpg



早速修理開始!
今回は風船は止めて、ブリちゃんさんの真似をして、百均で購入してきた油粘土で抑えました。これ、風船より簡単で楽ですね!
image3379.jpg


幸い、主翼のカンザシや他の部分は無事だったし、水平尾翼のカーボンカンザシの素材は発注済み。
明日はお仕事で、群馬県まで出張。
修理、週末のお山に間に合うか?!
  1. 2013/07/15(月) 00:01:29|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

新々パイロンコース、パイロン剪定!

土曜日、曇り空、とにかく暑い!
でも、日差しがないだけマシか?

Cyclone-E、設定が進み、フラップでの停止もいい感じ!

Mustang、いつもの様にパイロン練習。より低く、より近く!
しかし、新々パイロンの北側、近くを回りすぎて出口側の木に引っ掛かった!

少し剪定しました...機体は特に損傷無し。って言うか、ぶつけて落としてヘロヘロになり過ぎてダメージが判らないのかも?
  1. 2013/07/14(日) 18:33:11|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Cyclone-E(Typhoon-E)組み立て その5

既に初飛行の済んだCyclone-Eですが、アチコチ手直しが必要。
まずはリンケージのガタ。
金属クレビスを使ってサーボホーンやコントロールホーンの穴もギリギリにしたはずなのに、やけにガタが多い。
ガタの原因を調べてみたら、どうやらクレビスとネジの間が緩くて傾くからガタが出る?
試しにペンチで筒の部分を少し潰してみたけどあまり違いは無い?
で、付属のクレビスが安物だったのか、と色々探してみたけどあまり違いが無い?
どれも板金を曲げて、筒を作った部分にタップを立てた感じ。

さて、困った...でも、探していたら、OK模型の金属クレビスとロッドエンドにはナットがセットで付いている?
もしかして、ってナットで締めてみたら、バッチリ!
動画の最後はフラップの降り具合。結構降りている?
  1. 2013/07/13(土) 18:56:34|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Cyclone-E(Typhoon-E)組み立て その4

さて、Cyclone-Eの残りの組み立て。
まずはカーボンクロスで裏打ちした機首部分。リューターではみ出したクロスを削り落とし、中の5052の段差を削って綺麗にしました。少し浮いた所もあったけど、全体的には硬度ガッチリでいい感じ。
左上の風船から転写されたニコちゃんマークはご愛敬!
image3363.jpg


モーターマウントはカーボンシートから切り出し直そうかと思ったけど、円に削るのが面倒なので、付属のFRPモーターマウントに裏からカーボンシートを一枚貼り付けて加工し、hideさんに教えてもらった脱走防止のカーボンロービングのグルッと巻きを先端側にやって、これもガチガチ!
image3364.jpg


続いてエルロン・フラップのサーボマウントですが、サーボに付属の木ネジは長すぎて、そのまま締め付けると主翼からネジが飛び出すので、あらかじめペンチで先端を少し切り落としておきます。
image3365.jpg


エルロンのサーボマウントの取り付け位置ですが、結局ネジを締めるスペースとサーボカバーとサーボホーンの逃げ位置を検討すると取り付け位置は調整できず、ギリギリの位置にエポキシ接着剤で固定しました。
あっ、エポキシ接着剤で固定する前にリューターで面を少し荒らしてから脱脂して、接着です。
image3366.jpg


フラップのサーボマウント取り付けもエルロンと同じ様に調整はできず、ギリギリの位置に固定。
ついでにエポキシ接着剤で貼り付けた後は内側にはみ出した接着剤は削らないとサーボが浮いてしまいます。
image3367.jpg


続いてラダー・エレベータのリンケージ。主翼後のサーボマウント穴の上側(サーボは機首側)がラダー、下側(サーボは尾翼側)にエレベータが良さそう。で、リンケージが通る穴開け。穴は少し横長が良さそう。
image3368.jpg


リンケージはカーボンパイプの両端に付属のネジをエポキシ接着。他の人の製作記事を見ていると付属品が不足しているみたいに書かれていたけど、このCycloneは問題なかったみたい。
image3369.jpg


ラダーのサーボ(左側)に接続するリンケージはエレベータのサーボ(右側)の軸がぶつかるため、リンケージを少し曲げておくとスムーズに動く。曲げすぎるとリンケージが逃げてガタ付くので、ほんの気持ち程度曲げる。
image3370.jpg


あっ、忘れていた!木製のサーボマウントに木ネジをねじ込むので、あらかじめ瞬間接着剤を穴周辺に塗布して強度を強化しておくと良い。
image3371.jpg


そして、主翼内のサーボからの配線はMPXコネクタに半田付け。MPXコネクタは胴体側も主翼側も接着する物らしいけど、精度良く、ガタを出さずに接着する能力の無い私は、胴体側は接着するけど、主翼側は胴体側に接続後、主翼の穴の中に出入りする様にして接着せず。
image3372.jpg


この後は日曜日の初飛行に向けて怒濤の組み立て・調整だったので、写真無し。
一番大変だったのは受信機とジャイロの搭載。受信機が2.4GHzだとヒゲの様な2本のアンテナをカーボンだらけの胴体から外に出さないと受信感度低下。しかし、機首はギヤダウンモーターとESCで受信機とジャイロを載せるのは厳しい。
本当は主翼後方に入れたいけど、アンテナが外に出せないのと、奥に固定できないので、日曜日は無理矢理機首側に詰め込んで半完成状態で初飛行。
これからトレーを作ってその上に受信機とジャイロを固定し、主翼後方に2本パイプを埋めて、アンテナを導入するガイドを付けて搭載予定。
初飛行を終えてプロポの設定も残っているし、エルロン・フラップのリンケージの遊びも気になる。
まだまだ調整がある!
  1. 2013/07/08(月) 23:34:39|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

土日の活動 暑い!

土曜日は前日の雨も上がり、曇り時々晴れ。少し風がある。
でも、暑い!とにかく蒸し暑い!

避暑地に移動して、避暑地から発進してMustangパイロン練習。
風か?機体の剛性低下か?振動が凄い。特にスロットルをあげると激しく振動。


メガソーラーは完成したみたい。金網のフェンスに扉が付いて、空き地側のフェンスが空いていた部分も閉じられた。でも、稼働しているか否かは見た目では判らず。かろうじて、変換器?のファンの音が大きいような...。


この日はCycloneを完成すべく、早く帰宅しました。


で、日曜日。曇り予報だったけど、ほぼ晴れ!ムチャクチャ暑い!
最初に半完成のCycloneの初飛行。
image3373.jpg


あっけなく飛びました。
さすがHackerのギヤダウンモーター、垂直上昇。折りペラの径とピッチが少し足りないので、カッ飛びではないですが、充分な飛び。
各舵の効きも良く、飛びの伸びも良いです。
但し、フラップの調整がまだ未完成だったので、サイドレバーでフルフラップダウンすると、機体が急上昇!エレベータの操作で抑えようとしても追いつかず、あわや墜落させるところでした。

その後、バッテリもう1本フライトして、残りの調整と修正は帰宅後にする事にして、いつものMustangパイロン練習。
調子が悪くて2回墜落。1回は木に引っ掛かりかけて背面になったけど、瞬間的に直すこともできずに墜落...。
高度もあまり抑えられず、結構上空になってしまいました。

さぁ、頑張ってCycloneの残りの製作をしよっと
  1. 2013/07/08(月) 22:53:58|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

プレゼントもらった!

今日、勤務中にかみさんから電話があって、
「何か着払いで届いたけど、どうする?」
「えっ、何も頼んでいないけど...」
「サーマル工房って書いてあるよ」
「あっ!!!当たった?! 着払い、払って!」

サーマル工房 工作室の「工作室愛読者プレゼント!梅雨の巻!」に応募したのが、当選した様です!
帰宅したら、巨大な梱包が。
image3357.jpg


中からは大量の良質なベニヤ板が!端材ではなくて、ほとんど素材そのまま?
確かに一部レーザカットした跡がありますが、皆板の大きさが大きい!
(写真では、ほんの一部を引き出して撮影しています。全て出すととんでもない量です!)
image3358.jpg



クジ運が悪くて滅多に当たらないのに、素晴らしい素材をいただいて、感動です!
大切に使わせていただきます。
サーマル工房さん、ありがとうございます!!!
  1. 2013/07/04(木) 00:11:02|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Cyclone-E(Typhoon-E)組み立て その3

ホビキンからサーボ、スタビ等メカが届いた。

エルロン・フラップサーボはTurnigyのTGY-S712G Alloy Case Digital Slim Wing Servo (Metal Gear) 7kg/0.12sec/28gを4つ。ついでに専用サーボマウントも購入したけど、キット付属のマウントでも問題なかった...サーボのスペックには1mmずつぐらい大きく書いてあったのに...。
ギヤの遊びは1°あるかないか。CoronaのWingServoとは雲泥の差。でも、日本製には負けるかも。
でも、付属のメタルホーンの出来が悪い?ホーンの部分で少し遊びが発生している様な?
メタルよりも樹脂ホーンの方がいいのかなぁ?(誰か意見下さい!)

ラダー・エレベータサーボはTurnigyのTGY-375DMG Metal gear Digital Servo with Heat Sink 2.3kg/0.11sec/11.5gを2つ。(ヒートシンク?付いていないみたいだけど...)
こちらはギヤの遊びは感じられない。
image3361.jpg


受信機はFrSKYの2.4GHzのフタバFASST互換TFR8SB。でも、これはあさひな模型から購入した物。
スタビはいつものOrangeRX RX3S 3-Axis Flight Stabilizer V2。でも、すぐ書き換え改造して使います。
image3362.jpg


でも、今日は機首の強化。
(本当は写真を撮りながら進めたのに、ニコンD70のバグでCFカードのデータ読めず...文章で書きます。)
1.カーボンクロスを機首に差し込みながら、必要なサイズにカット。
2.hideさんにもらった、シリコンオフで油脂を除去。
3.機首の周りをテープで養生。特に作業上手で持つ部分も含めて大きめに養生する。
4.サランラップを大きめに広げてその上にカーボンクロスを置き、カーボンクロスのサイズに近い小さめのサランラップを準備。
5.5052を混ぜて、カーボンクロスに垂らし、小さめのサランラップを乗せて上から5052を広げる。
6.百均のポリエチレン手袋(100枚入り)を装着。何枚か、途中で交換できる様に引き出して準備しておく。
7.小さめのサランラップごと、カーボンクロスを大きめのサランラップから剥がして、機首の中に貼り込み、ほぼ位置が決まったら小さいサランラップを剥がす。
8.ドライヤーで少し炙って5052を馴染ませて、手袋した指で機首内に押しつける。
9.風船を差し込んでから膨らませて、口を縛る。
10.百均のラップテープ(粘着材無し)でグルグル巻いて、風船を押し込む。無理に長い距離を被せずに、何個か風船を膨らませてはラップテープ巻きを繰り返す。(長い風船があればより良い。海外のサイトでは、コン○ームで代用している人も居た...確かに夜でもコンビニで買えるから入手性は良いかも?)
image3359.jpg




image3360.jpg


さて、明日はカーボンシートからモーターマウントを切り出して固定と、一部のリンケージかな?
  1. 2013/07/03(水) 23:54:33|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。