写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Reverb修理 その6

無事飛んだReverb。
残っていたお色直しを行います。

まずはシリコンオフで綺麗にして、ポリエステルパテを凹みに刷り込みます。
image3275.jpg


image3276.jpg


image3277.jpg


で、一晩おいて仕事から帰ってきたら紙ヤスリでゴシゴシ。(その前にモーターは外しましょう!)
再度シリコンオフで綺麗にして、テープで養生したら、つや有りホワイトのスプレーでシュシュっと塗装。
image3278.jpg


image3279.jpg


image3280.jpg



えっ?!塗りむらがある?
明日、もう1回塗るからいいんです!

えっ?!あばたがある?
ゴルフボールと同じ、ディンプル効果で飛距離が伸びるんです!

飛べばいいんです!!!
これにてReverb修理終わり!
スポンサーサイト
  1. 2013/02/26(火) 00:06:56|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

暴風の中のフライト!

日曜日、朝から風強し!夜間に雪が降ったみたいで、地面も白い!

誰も居ないだろうけど、Reverbだけでも飛ばそう、って空き地へ行ったら、QueenBeeが上空を飛んでいます。
既にHさん、Nさんが居ました!

私はまずは風景撮影、ってTriHex。でも風強すぎて離脱は無理!直視です。

QueenBeeも強風の中、苦しそう。聞いたら本来50A以上流れるはずの電流が30A程度?しか流れていなくてパワーが足りないとか?プロペラを大きくして、落下せずとも手投げ発進できるパワーは出ているのに、おかしい?
ESCのレンジ設定ができていないのでは?って降ろしてスロットルMAXでESC通電して、ビープ音がしたらスロットルMINにして、設定終了。電流も50A程度流れて、離陸は更に楽になったらしい。

で、私はRevierb。暴風でも良く飛びます。
バッテリ2本目、風下に向かって凄い勢いですっ飛んでいくのに満足して、旋回したら高度が急激に下がった。
スロットル最大にしたら、凄い勢いで地表近くを風に煽られながらフラフラ向きを変えつつこちらに向けて飛んでくる!
寸前でエレベータアップしたけど、危うくHさん、Nさんにぶつけるところでした!
もう後は心臓バクバクでかろうじて旋回して、かなり遠くに着陸...。驚かして御免なさい。

反省...暴風の中では飛ばしません。人が近い時は飛ばしません。

あっ、Hさんには自家栽培2.4の剥き出しキノコ2個もらっちゃった!ありがとうございます!今度、TriHexに装着して試してみます。
  1. 2013/02/25(月) 21:13:09|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Reverb修理 その5

昼過ぎにはキャノピーも硬化完了!
OHPシートに挟んでいたのを剥がしました。手前はコップから切り出した本日の仮キャノピー。
image3272.jpg


はみ出していたエポキシ樹脂やカーボンクロスをサイズに合わせて切って、ぴったりはまる様に整形。
image3273.jpg


長めに切ったカーボンロッドをエポキシ接着剤で中央に固定して、キャノピー完成!
image3274.jpg


さぁ、残るは機首の剥がれて黒くなっている部分の補修。
ポリパテで直そうと思ったけど、パテが自然硬化していたので使えず。
買って来て直せば完了だけど、少し面倒。当面はこのまま飛ばしていようかな?
  1. 2013/02/24(日) 00:30:41|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Reverb 再初飛行!

今日は朝から晴天!少なくとも朝8時頃は無風!
早速、前回は飛行数10mで空中爆発・墜落したReverbの再初飛行!
キャノピーはエポキシ樹脂がまだ硬化していないので、コップから切り出した仮キャノピーをテープで貼り付け。
今回は探索タグも装着(モーターでは無く機体にね!)。

さぁ、恐る恐るスロットルを上げて、投げる!
少しふらつきましたが、問題なく飛び上がりました!爆発も無し!

旋回、上空通過、旋回、って繰り返して、ついでにフルスロットルでの上昇も。
思っていたよりも速度が出ない?威圧的な空気を切り裂くキーンって音もほとんどせず。

上空でエルロン跳ね上げによるブレーキも試験。少し機首が下がるので、エレベータを引いて調整。
で、着陸。苦もなく、自分の立ち位置から5m程度で停止。

...

少し拍子抜け。
モーターはほとんど温度を感じない程度。

続いて2本目はモーターをインランナーに変更してフライト。ハイペリより引く力はありますが、速度はそんなに変わらない?

しばらく上空をグルグルしてから、150mぐらい遠くで高度を落とすのにブレーキ入れたら、フラフラして、方向を見失って墜ちた!!!

まさか、早速捜索タグが役に立つとは!?
機体は枯れ草の上に水平に墜ちていて、無傷!良かった良かった!

バタフライミキシングでエレベータアップを少し入れて、再度離陸して着陸練習。
地上近くでブレーキすると、面白い動きをします。ヘコヘコってお辞儀を繰り返します。機首を上げて速度が落ちて、少し下を向いて速度が上がって、を繰り返している?高度変化は20cmぐらいなので、恐怖は無し。

バッテリを交換して再度フライト。
着陸侵入で高度処理に失敗して、またフラフラして墜落!
ヒェ~!1日に同じ機体で墜落2回!!!
先程と5m程度離れただけで、ほとんど同じ場所。またまた水平に墜ちていて無傷でした!ありがたい!

で、気が付きました。

スロットルはセンターから上でモーターが回り、スロットルを下げるとバタフライミキシングでブレーキが効く様にしています。モーターはヘリと同じくホールドスイッチを設定しているのと、バタフライミキシングも別のスイッチで有効/無効を切り替えています。

ところが着陸で遠くからアプローチする時に、高度が高いと、つい、バタフライミキシングを入れてしまって、無意識にスロットルを下げてしまい、失速。エルロン操作で修復しようとすると同時に更にスロットルを下げてしまうので、フラフラになって墜落していました。
着陸侵入で機体が自分のそばに来れば、機体の挙動がはっきり判るので失敗はないのですが、遠いと機体が小さいのもあって、失速させていた様です。Evolutionでもやっていますが、機体が大きい分、遠くでも挙動が判るので大丈夫だった様です。

操作ミスが判ったので、バタフライミキシングは滑走路上空にくるまで操作禁止!ところが、ミキシングスイッチ操作に気が取られて、着陸距離が伸びる!着陸が一挙に下手になりました...10m以上オーバーランして降ります。

少し風が出てきたので、垂直尾翼を修理したMustangを準備。段々風が強くなってきます。
ちょうどセスナが飛んで来て、かなり近くを飛んでいったので、見えるかと思ったのですが、無理でした。


風が強くなってきたので、Mustangは1本でお終い。続いて、TriHexで偵察飛行。
道路の恰幅工事が少し住宅側に伸びています。それからメガソーラーの方は目印の棒が多数立っています。何故かキジの死骸(トンビのモーニング)と猫は無くなっていました。誰か片付けた?


更に風が強くなってきたけど、Blaster-3を飛ばしたくて、20分ぐらい投げていましたが、斜面風で少し浮くぐらいでサーマルゲットまでは無理!

Reverbですが、確かにお気楽でそこそこ速度も出るし、面白いのですが、Evolutionでアドレナリンギンギンに馴れてしまったのか、少し物足りない感じ...。
まぁ、もう少し速度アップもできそうだし、色々飛ばし込んでみましょう!
Evolution共々、色々救援物資やアドバイスしていただいたhideさんに感謝!らいだーさん、ブリちゃんさん、sky_techさん、あさひなさん、♂いぬ♂さん、キャンタローさん他皆さんもアドバイス等々、ありがとうございました!

片付けていたら昼のサイレンと共に雪が降ってきたので、退却!
  1. 2013/02/23(土) 23:44:48|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Reverb修理 その4

キャノピー製造中!
image3265.jpg


明日には復活できる?
  1. 2013/02/23(土) 00:51:15|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Reverb修理 その3

昨夜、更に補強するためにシリコンオフで拭いてからカーボンマシマシ。
らいだーさんのアドバイスに従い、胴体内のキャノピー後ろから機首に向けてカーボンクロスで更に補強。特に機首の下側に空いていたカーボンクロスの隙間も塞ぎました。(写真には下側が写っていないけど)
image3261.jpg


モーターマウントはt=2.0のカーボン。硬すぎて加工が大変でした。
ぴったりはまるサイズに削って、少し叩き込む程度にし、周囲はhideさんに教えていただいた、カーボンロービングでぐるりと補強。ここは5052にロービングを浸してから巻きつけ、少々余分に加えてからヘアドライヤーで加熱して5052を浸透させました。
image3262.jpg


マウントの裏側、モーター取り付け側も機首側と同様にカーボンロービングをぐるりと巻いて補強。こちらもドライヤーで加熱浸透。
image3263.jpg


で、モーターです。
左はhideさんにいただいたHyperion ZS3020-10 922kv、右はホビキン購入のTurnigy 540S V-Spec Inrunner 1350kv。幸いどちらも同じ取り付けねじピッチなので、簡単に交換できます。
image3264.jpg


さぁ、どっちがいいかなぁ?迷うので週末に両方試してみよう!(Ka-8にHyperionを使ってみたいって気持ちもあるんです。)
上手く飛んだらカーボンむき出しの機首の化粧直しとキャノピー作りをします。
でも、今度はペラを飛ばさないように注意しないと!
  1. 2013/02/22(金) 00:37:22|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Reverb修理 その2

日曜日に固まったカーボンクロス+5052エポキシ樹脂、養生を外して、少し整形。
image3258.jpg


カチカチです。でも少し隙間が上下にある?もう1巻きすべき?
image3259.jpg


モーターマウントも削って作成。マスクしていても鼻の横が黒い粉だらけ。
サイズは弱くハンマーで叩いてはめる感じ。いいのかな?
image3260.jpg


穴を開けてから、嵌めて、周囲をカーボンロービングで巻けば大丈夫かな?
  1. 2013/02/19(火) 22:24:48|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

QueenBee、2回目の初飛行!

昨日は朝から微風。でも、曇り空。

朝、空き地へ行くと、下のメガソーラー工事現場の方からトンビが飛び立った!
良く見たら、豪華なモーニングを邪魔したみたい...今朝のモーニングは卵無しの新鮮な雄キジの肉、コーヒーがあったかは不明。
(グロいので、拡大は注意!)
image3256.jpg


実は数週間前から少し離れた所に猫も居ます。(正確には死んで居ます)
右端がトンビのモーニング、左端が猫...。
image3255.jpg


猫(グロいので、拡大は注意!)
image3254.jpg


Blaster-3投げていたら、本日のメインイベント(メインゲスト?)のHさん、Nさん到着。
早速機体の準備中。機体は私から嫁入りしたQueenBee。かなりパワーアップされた様子。
image3257.jpg


で、キジ・猫避けて、風が出ないうちに、2回目の初飛行!(1回目は私が所有していた時に2012年初旬にやっています。)

やはり大きい・重いで、1投目は離陸失敗。目玉と翼端板が折れ・外れ。

修理して、目玉なしで2投目!

やった!危なっかしいけど離陸成功!フライトもそこそこ。但しプロポの電源切ってのRTHは真っ逆さまで、慌てて電源入れて復帰。
着陸も問題なし。

で、目玉を固定して、RTH設定を直して3投目!

やはり危なっかしく、枝に引っ掛かりながらも離陸成功!RTHも無事作動。次回、離陸はゴムぱっちんに変更されるでしょう...。

で、私は定例の下の工事現場視察。
ちなみにバージョンアップがドンドン進む追加装備(Minim)に今回はバッテリ電圧表示を追加。最近の追加装備はconfig.hではなくてGUIで設定変更ができます。

ホビキンHDの映像。

続いて、エルロンサーボを入れ替えたMustang。かなり操縦しやすくなりました。でも未だにエルロンの動きが遅い!

2本目は着陸失敗してひっくり返り、垂直尾翼が根本から折れました...。


昼になり、正午のサイレンが鳴って片付けしていたらwatさん、登場。でも、もう飛ばす物も無く、Hさん、Nさんと私は、watさんを残して帰宅。
さぁ、Reverb修理を頑張ろう!
  1. 2013/02/19(火) 00:34:07|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Reverb修理 その1

今日は天気が良いのに朝から暴風!
フライトはあきらめて家で工作。

hideさんからの救援物資で、Reverb修理!

まずは譲ってもらったハイペリモーター、ZS3020-16。
image3246.jpg


デ・・・デカイ!
元が同じシリーズでも、グライダー用のGS3020を使っていて、先端が細くなっていたので、ZSだと窮屈。
まぁ、機首が既に割れているので、補強する時に広げましょう!
image3247.jpg


で、残っているモーターマウントの残滓をグラインダーで削り取って...
image3248.jpg


カーボンクロスを貼った後は密着させるのに風船を使ってみる?
image3249.jpg


まずは余分な所にエポキシ樹脂が付かない様に両面テープを貼って上からポリエチレン袋やサランラップで養生。カーボンクロスもサランラップの間に入れて脱脂の準備。
image3250.jpg


で、hideさんから送ってもらった、人をも溶かす?シリコンオフを使って補強面とカーボンクロスをお外で拭き拭き。
当然、手袋を付けて作業。手に付くと脂分が抜けて白くなるとか?お腹の脂肪も取れないかな?

そして、いつもの5052エポキシ樹脂を配分に気をつけて、しっかり混ぜ混ぜ!
image3251.jpg


カーボンクロスにはサランラップの間で塗りつけて、挟み込んでしっかり馴染ませてから、胴体内へ貼り付け。
胴体外側には広げたい幅で塩ビ板で隙間を固定。
内側にはポリ袋を入れてから風船を膨らませてテンションを掛けて貼り付け。
image3252.jpg


そのままだと、風船の広がりで先端側が広がりすぎて後の工作が大変そう。
なので、6時間程度でエポキシ樹脂が少し固まったら風船を外して、代わりに0.5mm厚のアルミ板と特に形を整えたい胴体上側は1mm厚のアルミ板でカーブを作って固定。
先端側はアルミ板に向けてグラステープで締め付けて形を整えました。
image3253.jpg


さぁ、明日の朝には良い形に固まっているかな?
  1. 2013/02/17(日) 00:13:38|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

最近の着弾!

時々ホビキンで細々した物は購入していますが...。

今回、西の方、あさひな模型からの着弾!2.4Gと72MHzの受信機各種!
image3242.jpg



そして、東からは救援物資!!!
箱が超マニアック! chip1stopって何買ったんでしょう?
image3243.jpg


中身は超怪しい! 人を溶かすらしい怪しい液体が入った茶色いビンに、白い粉が入ったプラスチックケース、粉を溶かす為のプレート?黒い布や糸?
小指の先に白い粉を付けて舐めてみる???
image3244.jpg


これでやっとラジコン用物資と判明!
image3245.jpg


hideさん、ありがとうございます!!!Reverb復活します!

でも、思ったより太かった...どうやって擦らない様に機首を整形しようかな?
太さを決める様に割れた機首部分の広がりを制限しつつ、中にカーボンクロスをエポキシ樹脂で貼って、内側からビニールで養生した風船でも膨らませてテンション掛けようかな?
  1. 2013/02/13(水) 21:31:30|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

三連休二日目、三日目

二日目は朝から凄く良い天気!
空き地へ到着して準備していたらご近所のMさん到着。

私はBlaster-3、5投目でサーマルゲットして昇天!

次を準備していたらもりゴンさん到着。
そして、見慣れない若い夫婦と3歳ぐらいの女の子が...。ご近所Mさんのお孫さんでした!
で、久しぶりに空者さんとwatさんも!

天気が良いと皆さん、来ますねぇ~!

Mさんも500クラスヘリを飛ばしてお孫さんにデモンストレーション。

おしゃべりしていたら、段々風が強くなってきた!もりゴンさんの離脱グライダーは不調?

Mさんが帰られるので、私も飛行再開(小さなお子さんがウロウロしていると怖くて気持ちが落ち着かない!)
Mustangで離脱。しかし、watさんが飛ばしているのに気が付かず、酷いノイズが...。緊急着陸!(墜落とも言う...)

再度、watさんが降ろしたのを確認して飛ばしましたが、既に風が強くてフラフラ。

もりゴンさん、不調で早々に帰宅。私は先週末より更に工事が進んだメガソーラーの工事現場を偵察飛行。

下の空き地は真っ平らになっちゃいました!

この後、風が強くなったのにwatさんと3・2・1!
十数回負けて、1回勝って、1回ドロー、1回はノーカウント!まだまだ下手です。



そして、三日目。

朝からみぞれ交じりの悪天候。でも、9時過ぎに少し良くなったので、出動。
この日は誰も来ない。

まずはQuad。何故か不調でしたが、LCDを付けたままだった事に気が付き、外したら復調。どうやらI2Cバスに影響が出るみたい。
でも、3本目の試験飛行中に高度5m程度で突然モーターが1つ停止して真っ逆さまに墜落。モーターの軸が滑ってアウターローターが外れかけて磁石がずれて停止していました...1個1,000円以下の安物モーターだからなぁ...。

続いて、TriHex。前日に空者さんが「林の中を飛んでみたい」って言っていたのを思い出して、林は無理なので、空き地への進入路をフライト。

ウソです!こんなに全ては飛べませんでした。最初の林間に入った所で坂の向こうに機体が隠れて離脱切れ。その後は機体の後に付いて、飛ばしていました。
離脱途切れまではこんな感じ。


昨日は今一つだったMustangも風が出る前にフライト!
って、今日もフラフラ。

何でだろう?って機体を見直していたら、原因判明!エルロンが動いたり動かなかったり、極端に遅れて動いたり、サーボが負けています。
でも、少し晴れ間が見えたので、ラダーだけで飛ばせる!ってフライト。

やはり無理でした。木にぶつかって墜落。いつもの様に少し壊れました。

Mustangの箱にはAlmost Unbreakable(ほとんど壊れない!)って書いてあったけど、次のパイロンレースまでにはAlmost Broken(ほとんど壊れている!)になりそう...。
  1. 2013/02/12(火) 23:38:52|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三連休初日!

天気は良いのに風が強い!
今日は土曜日なのに下のメガソーラーは工事中。人が居るので飛行禁止!

まずはBlaster-3。風で流されて楽しくありません!

続いてQuad。う~ん、まぁ安定しているのですが、今一つ面白くない!

で、追加装備を変更したTriHex。追加装備がドンドンバージョンが上がっていくので、これは1週間前のバージョン。
何か、ARMがチカチカしていたけど、今は直っているのかも?

久しぶりにホビキンHDカメラ(旧バージョン)も搭載。実は新バージョンは去年のFunJET墜落以降不調。


で、12Vに少し大きめのトロイダルコアを入れた、Mustang。だいぶノイズが減った?
録画ではまだノイズが目立ちますが、飛んでいる時は、あまり気になりません。

下の空き地の上空を飛ばせないので、パイロン練習できず...


明日も天気は良さそう。少し風が弱ければ嬉しいのだが...。
  1. 2013/02/09(土) 23:23:51|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Reverb 初飛行?!

土曜日は雨と風で出撃できず...。

日曜日は朝から少々風があるけど晴天!
早速完成したReverb(ファルコン3?)を持って空き地へ。

何か、下側の元養豚場から野球場、今は空き地となっているところが開墾されています。

全体
image3234.jpg


少し左側(北パイロン側)
image3235.jpg


少し右側(南パイロン側)
image3236.jpg


後からやってきたご近所のMさん曰く、メガソーラーができるそうな...。
上空は飛行禁止かな?落とすと回収が面倒だし...。まぁ今の滑走路は飛行禁止にはならないでしょう。(そうであってほしい、そうじゃないとイヤだなぁ。)

で、TriHex飛ばして偵察。(今日は誰も居ないので。)


もりゴンさんも登場。

記念撮影。こうやってみるとかなり小さい?モーターはブリちゃんさんを真似してHPのGS3020-08、ペラは10x8。
image3237.jpg


image3238.jpg


image3239.jpg



で、Mさん、もりゴンさんの見守る中、いよいよ初飛行!

フルスロットルで、軽く投げたら、少し沈んで慌ててエレベータを少し引いて、機体はドンドン空へ昇っていく!

50mぐらい離れたので、エレベータトリムを少し調整。

「ボン!!!」って音がして機体はヒラヒラと墜ちていく...。

慌てて水平になる様に操縦するけど思う様に飛ばず、でもかろうじて水平状態で墜ちていく...。

恒例のプロペラ飛ばしではありませんでした。プロペラは飛ばない様にしっかり締め付けています。
でも、更に過激に!
image3240.jpg


image3241.jpg


モーターが脱走しました!!!

機体先端はパックリ割れています。

胴体先端以外の胴体、主翼、水平尾翼、垂直尾翼、メカ等々全て無事。
高価なハイペリモーターが、スピナーと折りペラ、キャノピーと共に行方不明...。ショック!

ハイペリモーターとは相性が悪くて過去に焼いたのが3個。以降、安物のモーターしか使わなかったのに、やはり駄目か?

そういえば、ファルコン3所有の誰かのブログでも、モーターが脱走して用水路に飛び込んだとか書いてあった様な...まぁ、家の中で飛んでいかなかっただけでも幸い?

気を取り直して、Plush30Aに変更したMustangの飛行。

やはりノイズは酷いけど、Turnigy AEよりは少しマシ?
操縦は圧倒的に楽です。スロットルスティックにリニアに追従する感じ。

2本目は風に負けて...。

木に引っ掛かりましたが、低かったので即回収。主翼の前が少し欠けた程度で、特に問題ありませんでしたが、風が強いので終了。

風が強いなら、ファームウェアを変更したMTK3329のGPSホールドを見てみよう、って事で実験。
怪しい親父が映っているのは無視してください。

風が強いので10m程度は振り回されますが、かろうじてホールド。まぁ、NAZAと比較すればショボイですが、値段を考えれば上々!

さぁ、Reverbの復活をどうしよう?
もうハイペリモーターはイヤだ!
安物の低KVモーターを仕込むか?そろそろゾンビ過ぎるFunJETから高KVのSCORPIONモーターを移植するか?
やはり一回は安物のモーターかな?(そして離脱機へ???)
  1. 2013/02/04(月) 21:37:57|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。