FC2ブログ

写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

PICマイコン、誕生日?

先週末は土曜日午後から日曜日丸一日、天気良いのに強風でフライトできず。
で、かねてより懸案であったPICマイコンいじり。

実はあんきもさんに贈って頂いたRSSIメータのレンジが0.4V~0.7Vで自分の受信機に合わず、受信強度に余裕があるのにゼロ表示していました。しかし、悪天候で時間ができたので改善に取りかかりました。

あんきもさんからは分圧抵抗の変更か、PICマイコンの修正とアドバイス頂いていましたが、RSSIメータを見たら凄く綺麗にできていて、私の下手な半田付けで汚したくない!更に追加装備の不具合修正で購入していたPICKIT2というPICマイコンのプログラマも手元にある!

また、ネットでPICマイコンの事を調べていたら、サーボ関連の製作記事も多数発見!
例えばこちらのサーボセンターなど便利そう。ここここここここなど、サーボ関連の製作記事多数!
学生時代に8ビットマイコンでROM、RAM、I/O、タイマなどバスとアドレス線を山程ワイヤで半田付けして製作した事を思えば、PICマイコンは機能は少ないけどオールインワン。
開発環境もシミュレータまで無料で手にはいる!
製作意欲がムラムラと...。
更にPICKIT2は簡易3チャンネルロジアナにもなる?!

で、まずは開発環境をここでダウンロードして、インストール。幾つか上記サイトからソースをダウンロードして、シミュレータで動作してみました。

そして、「電子工作の実験室」さんのPICKIT2用ソケットアダプタの記事からRSSIメータで使っているPIC16F648A用の部分のみをブレッドボードに配線。
image1753.jpg

(手前右がPICKIT2、その奥がPICマイコン、左手は愛用のデジボル)

そして、RSSIメータ用のソース(あんきもさんからメールで送ってもらってました)をメーク...。あれ、エラー???何故かTABが一部無くなってソースが変になっていました。ちゃちゃっと修正して、メーク。今度はエラー無し。
で、メータの範囲を0.2V~0.7Vにレンジ広げるためにテーブル修正。計算用Excelファイルもあんきもさんが送って下さっていたので簡単に修正。

さぁ、書き込み!の前に慎重にオリジナルを読み出して、バックアップ。さぁ、書き込み!エラー???ヤバイ!壊した?
バックアップしたオリジナルを書き込み。OK!コンペア、OK!一端チップをRSSIメータに戻して動作確認。OK!ヤレヤレ...。壊れてなかった...。
そこでチップを再度取り出し、書き込み、エラー?!イレーズ、ブランクチェック、エラー?!オリジナル書き込み、OK!?何故???

何回か、オリジナルOK、修正版NGを繰り返し、今日やっと原因判明!
ブレッドボードに配線した時の配線ミス...。必ず配線チェックはしましょう!自作する時の鉄則です!って、しばらく自作しなかったので忘れてました。
配線ミスを修正したら簡単に書き込み、コンペアOK!
で、RSSIメータで動作、修正チェックもOK!

さぁ、作りたい回路が色々あります。まずは、
1.サーボ動作角拡大(受信機が出してくるサーボ角のパルス幅を広げて、動作角度を広げる。サーボストレッチャーって製品はあります。でも他の回路も入れたい!パン用やフラップ用に使える?)
2.2サーボフラップのYコネクタ(2つのサーボで動作する向きが逆のフラップを1チャンネルで動かしたい。9チャンネル送信機ではチャンネルが足りない!更に左右で異なるエンドポイントやセンターを微調整し、上記1.も入れられれば最高!)
などなど。
PICマイコンは単価¥100~200と安価。逆に通販で購入するには送料がもったいない価格。なので、再来週秋葉に出張に行く同僚に秋月で購入を依頼。手には入ったらボチボチ作っていこうと思います。うまく行ったらソースコードと回路図公開します。

で、誕生日。
今日は下の娘の誕生日。
タラちゃんさんも今日、誕生日!おめでとうございます!(書いて良かったかな?御免なさい!)
image1754.jpg

下の娘の同級生の男の子、上の娘の同級生の男の子と何故か今日誕生日の人が多い?
スポンサーサイト



  1. 2009/02/03(火) 22:11:45|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7