FC2ブログ

写真徒然草...

つれ\〃/なるまゝに、日ぐらしファインダーに向ひて、心に移り行くよしなしごとを、 そこはかとなく撮りつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

3DX補修 その3

さて、1月末からぼちぼち続けてきた3DXの補修ですが、1月分の小遣いはこの記事で終わり。

最後は以前から手を入れたかったけど、もったいなくて手を入れていなかったサーボです。
(以降の記事は独断と偏見で書いてます。また、真似して何らかの問題があっても責任は持てません。自己責任でお願いします!)

これまで、3DX450SEのサイクリックサーボはAirStageさんお勧めのHiTECのカーボナイトギヤのアナログサーボ、HS-56HBを使用しています(AirStageさんでは、こちら)。
image0401.jpg

良い品なのは確かなのですが、私の操縦が下手なせいか、しょっちゅうギヤ欠けしています。
また、ギヤセットが結構高価です!

そこで、前から試してみたかった、金属ギヤでデジタルのサーボに交換してみる事にしました。
但し、高価なサーボを3つも購入するのは無理なので、愛用ショップの「いつでもロープライス! ラジコンのKK HOBBY」さんでこちらのコロナ ミニデジタルサーボ(メタルギヤ)DS-929MGを購入!
image1195.jpg

スペックとしては動作スピード: 0.11sec/60°(4.8V)、トルク:2.2 kg/cm(4.8V)と、重量:13g以外は
HS-56HBの動作スピード:0.12sec・60°(4.8V)/0.10sec・60°(6.0V)、トルク:1.0kg・cm(4.8V) / 1.2kg・cm(6.0V)、重量:10.7gと比較しても遜色ありません。
サイズも、22.5x11.5x24.6mm(DS-929MG)に対して寸法:22.6×11.6×24 mm(HS-56HB)とほとんど同じです。
重量差はメタルギヤで重たいのだろう、ドンぴしゃでトルクアップ!と喜び勇んで購入!

到着したサーボは値段(¥1,520)の割にはいい感じです。
ボールリンクの位置もこれまでのHS-56HBでは、サーボホーンの下側に付けていたのがDS-929MGでは、サーボホーンの上側に取り付けするとリンケージが垂直に立って、良い位置に来ます!
少し気に入らないのはゴムブッシュにハトメで1つ穴止めな点ぐらい。これも衝撃吸収には良いかも?!

ところが...。とんでも無い落とし穴がありました!!!
[3DX補修 その3]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2008/02/08(金) 21:08:48|
  2. ラジコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8